四季折々

大椿寺の花々と見頃

大椿寺に咲く花々や木々は檀家さま、地域のみなさまのものです。植物を愛でていただくのは大歓迎ですが、切ったり折ったりして持ち帰るのはご遠慮下さい。

紅梅…1月~ 大椿寺の春を一番に伝えてくれます

水蓮・・・見頃は6月いっぱい。 水蓮が咲く池には鯉も泳いでおります。

 

百日紅(サルスベリ)・・・境内の大きな百日紅は8月上旬が見頃。第一墓地の駐車場の百日          紅は八月下旬から九月上旬が見頃。

 

 

 

 

山茶花(サザンカ)・・・境内にひときわ大きく咲き誇る山茶花は樹齢100年以上。護持会のみなさまによってきれいに剪定されています。11月から咲き始め、霜が降りはじめると花は枯れてしまいます。見頃は11月上旬。

 

 

 

 

つくばね・・・新見市指定天然記念物                      大椿寺に生育する半寄生植物。植物の実が羽子板のはねのような形が名前の由来です。はねのようになっているのは11月上旬です。    

毎年楽しみに足を運ばれる方が大勢いらっしゃいます。こちらは新見市の天然記念物です。大切に育てておりますので、切ったり折ったりしてみなさまの仏心やつくばねを傷つけて持ち帰らないようお願い致します